ハヴィーナ公式サイト

検索

代表のご挨拶

肌にふれる。
感性が目覚める。
あなたが花ひらく。

思春期に変化する身体に戸惑い、なかなかぴったりのブラがないことで自分の身体にコンプレックスを感じていた私はあるきっかけで輸入下着に興味を持ちました。

入ってみるのに勇気がいりましたが、意を決して輸入下着専門店の扉を開けると、踏み込んだその先には今まで見たことのない色やデザインのランジェリー。挙動不審になりながらお店の方に希望のタイプを伝えると、サイズを測り、いくつかのブラを提案してくれました。

当時は寄せ上げブラが大ブームで『ブラ=胸を盛るためのもの』という機能ありきの時代。
売り場のブラのほとんどがそこそこ厚いパテッドブラばかりだった中で、提案されたのは薄い布で胸を包むノンパテッドのブラでした。

初めてのノンパテッドブラ。

それは優しく私の体にフィットし、その軽さと柔らかさ,そして美しいデザインに衝撃を受けました。

今までパテッドブラで感じた違和感はそのまま体のコンプレックスでしたが合うブラを見つけたことで、自分を受け入れられたような肯定感や安心感を得られたのです。

その自己肯定感はその後の私の人生に大きな影響を与えました。

「多数派の言ういいもの」でなくて「自分の感覚でいいもの、合うもの」を見極める、自分を活かせるものを探す大切さを感じました。

また、お気に入りのランジェリーをつけると外見から見えなくても、所作や表情が変わりその人を内側から変えてしまうことにも気づきました。

そんな体験を通して私はランジェリーは心と身体に1番近いアイテムだと確信したんです。

それから、機能ばかりを唄うマーケットにギモンを持つよつようになりました。

様々な体型の女性に合う、様々なブラがあって良い。

実際に海外のブランドには小胸さん向けのブラや、グラマーバストさん向けのブラなど、国内ブランドでは見たことのないタイプのブラがたくさんありました。

それはすなわち多様な女性、それぞれの個性を生かし愛する社会があると感じたのです。

かつての自分のように合うブラに出会えずにコンプレックスを感じている女性に届けたい。

コンプレックスは致命傷になるほどの大きな傷や病気でないかもしれませんが、心に刺さった小さなトゲのような不快感です。

大きな病気を治療することはできなくても、トゲを抜くことくらいならできるかもしれない。

そういう思いを抱き、日本でももっと豊かなランジェリーをと、輸入卸を経てランジェリーブランドを立ち上げました。

日本にはパテッドのブラはたくさんあるので、逆にあまりなかったノンパテッドノンワイヤーからスタート。

機能を求めるのが当然になっていた中で、感性を豊かに楽しむ下着を訴え、少しずつ広がりました。

その後にノンパテッドのワイヤーブラも展開し、アイテムは増えてきています。

ランジェリーはあなたの心と身体に一番近いアイテム。
あなたの魅力を引き出し、開花させるブラはきっとあります。

あなたがコンプレックスから解放されさらに美しく輝く1枚に出会えますように。

Yoko Shibao
HAVIENA CO., LTD.

ランジェリーのハヴィーナ オンラインショップ
ランジェリーのHAVIENA
オンラインショップ
メニュー